自分の体がテレフォンセックスの道具となる

自分の体を駆使してテレフォンセックスを楽しむようになれば、どんどん気持ち良さを演出する刺激を与えることができるようになります。
たとえば、腕にキスをする音を聞かせるだけで、相手の体を愛撫する錯覚を与えます。「チュッ」っと軽いキスから、吸いつくようなディープな音まで、バリエーションを加えることによって、相手の体をなぞるように刺激を与えられるのです。

相手に氷を一つ持たせて、体をなぞっていくと、それが刺激となって興奮に繋がります。そこに音の刺激をプラスすることで、臨場感あふれるやり取りが完成するのです。テレフォンセックスの唯一のデメリットとなる離れた距離感。その溝を埋めるためにも、自分の体を使って、相手に寄り添うような演出を加えて、距離を埋めるようなアプローチを行わなければならないのです。それが自然にできると、気持ち良い時間が高まります。

テレフォンセックスが楽しめるような時間に変わるためには、それなりの工夫が必要です。それだけでもいつもとは違った楽しさを得ることができるようになります。でも、なかなかアイデアが浮かばずに、相手の声を聞いて興奮するだけになってしまうことも少なくありません。でも、道具が無くても自分の体を使って演出すると、相手の肌へと自分の唇が吸い付くイメージが具体的になります。相手もそれを聞いて興奮すること間違いなしです。

どのように妄想をかきたてるかがテレフォンセックス成功のポイント。そのコツは、道具を使って演出するだけでも変化となります。でも、あくまで道具をお互いに持ち合わせているのは理想のスタイルであり、実際には何も道具が無い状態のシチュエーションも多いのです。そこを妄想でカバーするためにも、自分の体を道具に見立てるのです。

自分の体がテレフォンセックスの道具になるなんて想像したことが無い方も多いはずです。でも、実際にやり取りの中で体から愛撫の音を演出するだけでも、相手にとってはグッとくる刺激となるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ