テレフォンセックス初心者のためのマナー

テレフォンセックスの、特にツーショットダイヤルの守るべきマナーがいくつかあります。

もしも、知らずにマナー違反をしていたら相手から電話を切られることもあるので、テレフォンセックスに興味がある人は知っておいて損はありません。

まず、相手のプライバシーをしつこく聞かないことは大切なことです。
女性に対して男性はついつい色んなことを聞いてしまいがちですが、これはNG行為です。

とくにツーショットダイヤルは不特定多数の相手とテレフォンセックスができる環境ですから、知らない人とテレフォンセックスをすることになるでしょう。
その時に「実際に会ってやりたいから」という理由で相手のプライバシーに対して根掘り葉掘り聞いてはいけません。
まず、こういう男性に対して正直に自分の個人情報を言う女性はいませんが。

それでも、あまり気持ちが良い気分にはなりません。
ということで、テレフォンセックスでは体のプライバシーについてとやかく聞くようなことはやめておきましょう。

カンタンな挨拶程度でも十分テレフォンセックスを楽しむことはできますよ。
また、自分が気持ちよくなりたいからといって、相手にアレコレ求めるのもNGです。

ギブアンドテイクの気持ちでテレフォンセックスを楽しみましょう。
お互いに顔が見えないですし、ツーショットダイヤルなら相手が気に入らなければ電話を切るだけですから、自分中心のテレフォンセックスをしていると相手から電話を切られてしまうこともしばしば。

できるなら、自分よりも相手を気持ちよくしてあげるという気分でテレフォンセックスをしたほうがよりテレフォンセックスを楽しむことができるでしょう。
そして、一番大切なポイントは「自分ひとりでイカない」ということです。

通常のセックス同様テレフォンセックスも相手がいてこそ成り立つ行為です。なので、自分がオーガズムに達するときには相手に伝えてあげるのがマナー。
また、イケないときでも、イった振りをしてあげたほうがいいですよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ