電話での上手な責め方!

相手の顔も、自分の顔もテレフォンセックスでは知ることができません。
相手がどんな風に思っているのか、本当に感じているのか、全くわかりません。
しかし、テレフォンセックスの醍醐味は自分の想像力を高め、興奮度を最高にして、女性といっしょに達してしまうことにあると思います。
ここで、テレフォンセックスで好かれる男性になるための上手な責め方をお教えしたいと思います。
まず、テレフォンセックスで一番重要なのは「言葉の使いかた」です。
あなたのしゃべる言葉が、相手の指や胸、お尻。性器などを触れることができます。実際に触ることはできませんが、気分だけでも充分に味わうことができます。

もちろん、そういう女性への責め方も普通のセックスと一緒。
相手の性格や、感じるポイントをきちんと見極めて、的確な指示を出すように心がけましょう。
その際に女性にどこを責められるのが好きか、どこが弱いのかを聞いておくといいですよ。
テレフォンセックスに参加する女性のほとんどはMなので、正直に教えてくれます。
さらに、命令されて嫌がることもないので、どんどんと責めてあげましょう。

むしろ責め好きのほうがテレフォンセックスでは好かれるぐらいです。
次に恥ずかしい言葉を言わせること。
前述しましたが、ツーショットダイヤルを利用する女性はMの女性が多いのです。
そこで、相手が今どんな状況なのかや、今どうして欲しいかをしっかりと言葉に出させることで、相手の興奮度はうなぎのぼりです。
ただ、相手のあえぎ声を楽しむのではなく、電話を使って相手が普通のセックスでも口にしないような言葉を口にさせることができるのも、
テレフォンセックスの醍醐味でもあります。
最後に音を聞かせてもらうということ。
ただ指示を出すだけだと、どうしてもマンネリになってしまいます。
大事なのは普通のセックスと一緒で、相手に飽きさせないこと。相手に飽きさせず、
なおかつ相手を興奮させる方法といえば相手の出す、音を聞かせてもらうことです。
相手に「音も聞かせて」というと相手は恥ずかしがりますが、
そこを強引に命令してあげて相手の電話を性器の近くに近づけさせましょう。
そうすることにより相手の性器が濡れて「くちゅくちゅ」という音を立てているのが聞こえるはず。
それをさせるだけで相手の興奮はさらに高まります。
そうすることにより、相手ももっと興奮するし、よりテレフォンセックスの臨場感が増すのです。
そこまで出来たら後は流れに任せて女性と一緒に気持ちよくなるだけ。
相手も高まってくると、プレイにぼっとうしてしゃべらなくなりますが、
気にせずどんどと命令を投げかけてあげれば相手も興奮が最高潮に達してイってしまうはず。
あなたもそれいにあわせて一緒にイクと最高の満足感を得られることでしょう。
あなたもテレフォンセックスで楽しんでくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ