盛り上がるテレフォンセックスのテクニック

テレフォンセックスといっても普通のセックスと同じで、気持ちよくなるためにはテクニックが必要です。
そもそもパートナーがいなければお話になりませんが、いない方はサイトで探すか、テレフォンセックス掲示板で探すと良いでしょう。
「おっぱい気持ちいいね~」と相手の女性に言うのはあまり良くありません。
普通のセックスなら直球勝負の表現では女性からの「ウケ」はあまり良くありません。
テレフォンセックスは相手の妄想に頼ったオナニーです。
自分だけ気持ちよくなりたい場合でも相手をどんな風に愛撫しているのかをリアルに妄想することが出来れば自分ももっと気持ちよくなります。
自分が相手のことをどんな風に愛撫しているかをリアルに想像するために相手の身体を愛撫するときには具体的な表現を使って相手の女性のことを責めてあげると喜ばれます。
例えば相手の女性を愛撫するときに耳や首筋を愛撫するときに、実際にセックスするときにはキスをしたり、甘噛みしたり、舌で舐めたりしますがテレフォンセックスでそれを表現するには実際に自分の口で言わなければいけません。
たとえば相手の耳を舐めるという表現をするときにでも「耳に舌をねじ込んでべちゃべちゃに舐めているよ」と言う風に具体的に表現すると女性は自分が実際に愛撫されている状況をありありと妄想することができるので、相手の女性が興奮してくれます。
愛撫するときの注意は通常のセックスと同様にいきなり本丸を攻めてはいけません。
セックスと同様にキスや首筋から徐々に徐々に下へとすすめていき、最初はやさしく。そして、少しずつハードに愛撫することがテレフォンセックスでも重要です。
少しずつ女性の身体を責めていって、最終的には本番に移ります。もちろん、目の前にその女性はいませんが想像力を働かせて実際に目の前に理想の彼女がいるかのように妄想してオナニーをします。
意外とこれが需要で、しっかりと想像していると相手の女性もきちんと感じてくれるようになります。
そして、最後は彼女に自分がイクことを伝えて一緒にオーガズムに達すると普通のオナニーでは味わうことができない快感を得ることが出来ます。
それこそがテレフォンセックスが人気の理由と言えましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ