焦らしのテクニックが女性を熱くする

誰でも気軽に楽しめるテレクラ。そこには男女の出会いが待っています。
でも、相手の意向を踏まえて自分自身をコントロールしなければ、お互いに満足できる体験には繋がりません。
どれだけ相手を思いやることができるかが、女性を気持ち良くするかを決めるのです。

ただ、色々なスタンスがありますので、基本的には男性側がリードしてあげるというイメージが必要です。もちろん、やり取りのスタンスが多いほど、相手に会わせて快楽を求めることができるようになりますので、バリエーションが多いに越したことはありません。女性を熱くするのであれば、やはり焦らしのテクニックははずせない存在となります。

いつもはすんなり通過してしまうようなものでも、じっくり時間をかけることで、相手のツボとなることがあるのです。いつもとは違うという感覚を与えてこそ、お互いにテレクラのメリットを感じるはずです。テレフォンセックスを楽しむのであれば、タイミングを外すことに執着すると、日常の性生活とは違う魅力に触れられるようになります。

女性は男性よりも細かな部分を感じ取る傾向があります。だからこそ、じっくりと焦らすというテクニックが重要になるのです。たとえば、局部を触る指をいつもとは違う指に変えて、ゆっくりと触らせるだけでも、自分ではなくほかの人に触られるというイメージが作れます。利き手とは反対の手を使って自分を愛撫させるだけでも、感度アップは大いに期待できるのです。

どのように焦らすかは、ある意味駆け引きだと思うべきです。相手が焦らしてほしい場面と、そうでない場面をきちんと分けてあげなければ、興奮がMAXになった時に好意を止めるような指示を出し、結果的にはそれ以上の興奮が得られずに終わってしまうことがあります。そうなってしまうと、せっかく盛り上がっていた感情が冷めてしまうのです。

焦らすポイントを自分なりに考えて会話を進め、フィニッシュを迎えてあげられるような山場を作ってあげるだけでも、トークの技術は格段にアップします。
そのスタンスがわかるようになると、テレフォンセックスは何倍も楽しめるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ