展開をスムーズにするプレイのイメージを持つ

少しでも自分の興奮するプレイがイメージできるのであれば、戦略を練ってやり取りを行うことで、スムーズな流れを作り出すことができます。
闇雲に流れに任せて展開を待っていても、一向に進展しないこともあるのです。

そういった場合には、自分がペースを握ってエスコートしなければなりません。

こちらが受け手になったとしても展開が進むのであれば問題ありませんが、相手も受け手の姿勢を見せているのに、こちらから何もしかけずに沈黙が続くと、当然ながら相手の熱も冷めてしまいます。

どれだけ熱くなれるかを求めるのがテレフォンセックスです。
その期待を裏切らないためにも、色々な場面を想定しながら展開を考えるべきではないでしょうか。

そうしなければ、いつまで経っても興奮がピークに至らず、消化不良のまま時間だけが過ぎてしまいます。
男性であれば、無駄なポイントを使い、自分の欲求を満たせないまま終わってしまうという事態が待っているのです。

緻密に組み立てずとも、大まかで良いので方向性を定めると、自分なりに展開したい部分がはっきりします。
ここだけは叶えたいというシチュエーションを持っていると、それに合わせて反応してくれるパートナーが見つかります。
そういった人選を経て、テレフォンセックスというのは楽しさを感じられるようになるのです。

ガマンの時間ばかりでは退屈になります。
それは、一般的な電話のやり取りでも同じです。
でも、それ以上に沈黙や不自然な間は、テレフォンセックスの相手に溝を作ってしまうのです。

円滑に流れを作り出すテクニックがなければ、どうしてもテレクラの本来の魅力に触れず、相手頼みになってしまうのです。

自分の性欲を満たしたいという意識があるのであれば、相手のことをよく把握して、感じやすいシチュエーションを選択してください。
それだけでも興奮の違いが生じます。

自分の言葉にどんどん食いついてくれるようになると、やり取り全てが性感帯への刺激になるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ