女性優位で話を進める

テレフォンセックスを行う上で、男性は自分勝手になりがちです。
若い男性で実際にセックスをしていて、ただひたすらに手で激しくやって女性が気持ち良いと思っている人。
実際は痛いだけなのに..それと同じです。形が電話になっただけなのです。
テレフォンセックスでも相手の女性がどのようなタイプの女性なのかも分からないまま、
ただひたすら自分の性癖を押しつけてしまう男性がいます。
こういった男性は女性からすれば正直萎えてしまうことでしょう。
女性はちん●んの大きさよりも、外見よりも、その時の雰囲気を大事にしたがるものです。
特にテレフォンセックスの場合は相手も分からず顔も分からず話す訳ですから、
特にこの部分は重要になってきます。ポイントが減るからと言って焦って無理矢理自分の番号を教えたりしない。
全く知らない人にいきなり番号教えられて普通電話しますか?してくる女性が居たとしたら地雷女。
つまりメンヘラ女性の可能性が非常に高いですね。これは危険です。回避するべきですね。
やはり同じ人間同士なのですから、最初はきちんと挨拶などを交わし、楽しく会話することから始めてみましょう。
次に大事なのは相手の女性がどのような行為を求めてテレフォンセックスしに来たかです。
ただ淋しさを紛らわすためだけに掛けてくる女性だっているでしょうし、欲求不満を解消しに来ている人もいることでしょう。
そこには様々な事情があるのでしょうから、じっくりと会話をしながらジットリと濡らせて行けば良いのです。
ある程度話せば相手が悪い人なのかどうなのか、ちょっとした雰囲気は掴めると思います。
少しずつ距離を縮ませて行けば、女性も徐々に心を開いてくるので、そうなったら一気に下ネタトークを始めてみましょう。
相手の性癖を聞き出せたところで、自分との相性が合わないことだって沢山ありますよね。
どうしても嫌なら会話を終了させて次を探せば良いでしょうし、
せっかく話が盛り上がったのだから、最後まで話すという人は、相手の女性を満足させることに尽力するのが1番の方法です。
女性の意見を否定せず、まずは推定から入り、優しく褒めていくこと。
テレフォンセックスの最中も相手が望むことをとことん話し掛け、相手が絶頂するのを待ってから自分はイクべきです。
自分をある程度でも満足させてくれた男性に対して、女性は悪い印象は持ちません。
実際のセックスで、1度きりで終わってしまう男性というのは、女性が全く気持ちよくなかったから。
多くの女性が口にすることです。テレフォンセックスでもこれまた同じであり、
電話だったとしても気持ち良くなれたのなら次へ繋がるチャンスがあります。
女性優位で話を進めていき、女性を満足させる為に尽くす。これは日本の男の宿命でしょう。
これらのことをきっちりとやっていれば、待ち合わせ場所ですっぽかされる回数も激減して行きますよ。
出会いの場でもあるテレフォンセックスをただの性の解消ツールと思ってはいけませんね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ