女性を興奮させる喘ぎ声をテレフォンセックスで

喘ぎ声は何も女性だけの専売特許ではありません。
男性のあえぎこえだって女性を興奮させることが可能です。
むしろ、テレフォンセックスでは喘ぎ声を出すぐらいの反応がいい男性のほうが好かれます。

相手に興奮を伝えるために手っ取りばやり方法は喘ぎ声です。
どんな声を出したらいいかわからないという人はアダルトビデオの男優みたいなのをイメージしてもらえればOKです。

喘ぎ方はシンプルなもので大丈夫です。
「ああ」とか「うう」とかでも感情がこもっていない声だと女性を興奮させることはできないので、女性を興奮させるためにもしっかりと感情を込めて、低い声で喘ぐといいいですよ。

さらに、ただ「ああ」というのではなく。
一瞬ためを作って「ああ…」とか「うう…」と余韻を持たせるとさらに女性を興奮させることができます。
もちろん、相手の女性を退屈させては意味がないので、女性を愛撫しながらするのをお忘れなく。

つぎに「気持ちいいよ」ときちんと相手の女性に伝えることです。
テレフォンセックスでフェラチオや挿入のプレイをしているときは相手のした使いや膣の快感を感じながら、ちゃんと言葉に出してあげてください。
「気持ちいい」という言葉だけでなく「いやらしいね」や「締め付けがきついね」などアダルトビデオの男優が女性を攻めるときに言うようなことをパクっていってしまえばOKです。

あなたの反応がうれしくって女性はもっと興奮し、よりテレフォンセックスのプレイが積極的になる女の子も多いのでおすすめな方法です。
そして、絶頂の瞬間は短い喘ぎ声を連発してください。

女の子がイキそうなときに合わせてこちらも射精のタイミングを合わせて「あ」「あ」「あっ」と連呼するようにしてください。この喘ぎ方は特に工夫を凝らす必要はありません。自分の素の声で大丈夫です。

そっちのほうが女の子も興奮してくれるので、オススメします。
むしろ射精のときは演技しない素の声を出すだけで十分です。逆にココで演技すると最後の最後で引かれてしまうことになるので注意してくださいね。
テレフォンセックスで男性の喘ぎ声を求める人は意外にも多いのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ