テレフォンセックスをより楽しくするテクニック

テレフォンセックスをより楽しくする方法に擬音を使うという方法があります。
テレフォンセックスに重要なことは自分と相手がお互いのことをありありと妄想することがテレフォンセックスを気持ちよくするコツです。
その妄想を実際にリアリティをプラスすることでお互いの妄想を刺激します。
妄想をリアルにする方法が「音」なのです。
テレフォンセックスは所詮電話を使ってでしか相手のことが分かりません。
相手も自分もお互いに電話ということで「音」に対して敏感になっています。ちょっとした音でも妄想を書き立てるエッセンスとなるのです。
さて、音をどうやって演出するかというと、それには色々な方法があります。
まず、オーソドックスなしゃぶる音です。たとえば相手とテレフォンセックスをしているときにその状況として相手の耳に舌をすぼめて舐めたり、激しいディープキスをしているような状況を演出するときに使うと相手を興奮させることが出来ます。
「じゅぱじゅぱ」という音を大きくひびかせるためには自分の指を一本くわえて、唇をすぼめ。唾液をたっぷりと口に含み「チュウチュウ」と吸うといい音がします、また、加えている指を出し入れすれば「ちゅぱちゅぱ」とした音へと変わります。
それを指を吸いながら口から指を抜けば「じゅぽん」という音がします。
こういう音をさせることで、ディープキスをしているという雰囲気を相手に与えることが出来ます。
また、男性であったとしてもきちんと「気持ちいい」という意思表示を女性にしてあげると女性は喜びます。
たとえそれが普通のテレフォンセックスだとしてもお互いに妄想を刺激しあうと気持ちよさが倍増します。
自分も気持ちがよければきちんと「気持ちいいよ~」「あ~」という声を出してあげるとお互いに興奮して気持ちよくなります。
そういう状況を楽しむことがテレフォンセックスを気持ちよくするテクニックの1つですよ。自分も相手も気持ちのよいテレフォンセックスができるように頑張ってみてくださいね!
お金が無いときは無料のテレフォンセックス掲示板でパートナーを探すのもオススメですよ~☆

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ