テレフォンセックスの流儀

テレフォンセックスとはその名前の通り、声を使ってセックスを楽しむということです。とくにツーショットダイヤルやテレクラの魅力は顔もしらない相手とエッチなことをするという背徳感でしょう。
出会い系やナンパをする必要など全く無く、電話をかければすぐにつながります。
テレフォンセックスはお互いに気兼ねなくすることができるし、相手のことを自分で好きに妄想することができるのもテレフォンセックスのいいところです。
また、スマートフォンのテレフォンセックスならいつでもどこでも利用できるという利点がありますね。
そんなテレフォンセックスにも独自の流儀というものがあります。テレフォンセックスで重要なものはやはり「声」です。欲を言えば女性をとりこにさせる甘い声が欲しいところです。でも、みんながみんな甘い声を持っているわけではありませんが声を出すときは意識することが重要です。低すぎない威圧的な声ではなく、なるべく相手を落ち着かせるような安心させる声をだしましょう。
それから女性をとりこにするのは声だけなく会話の内容も重要です。テレフォンセックスは日常を忘れる空間なので、普段は言うことができないハードな内容でも許されます。ツーショットダイヤルやテレクラに電話をかけてくる女性たちはそうなることが目的で電話をかけてくるのですから、むしろそういう会話のほうが喜ばれます。
中でも人妻とのテレフォンセックスはよりその傾向が強いですね。
とくに女性は目で見るものよりも、耳で聞いた言葉のほうが想像力を膨らませられるから、テレフォンセックスのほうが気持ちよくなるという女性も少なくありません。
テレフォンセックスの流儀としては普段の日常を忘れさせることができるようなそんな会話をすることでお互いに気持ちが高ぶって、普段のオナニーを自分でやるよりもずっと気持ちよくすることが出来ます。
なので、日常を忘れさせることができるような会話をするとを心がけましょう。そして、女性と会話するときには声にもその内容にも注意を払って自分もそうですが、相手も気持ちよくテレフォンセックスができるように頑張ってくださいね!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ