テレフォンセックスで相手の妄想を刺激する

テレフォンセックスは電話を使ってお互いに擬似的にセックスを楽しむ方法です。
ツーショットダイヤルなどを利用すればほとんどいつでも、知らない相手とテレフォンセックスをすることが可能です。「でも、テレフォンセックスって難しそう……」とテレフォンセックス初心者の人は思うかもしれませんが、基本的には普通のセックスと変わりません。ただ、声を聞いて相手の「音」に集中するため、普通のセックスとは違った満足感を得られることができるでしょう。
テレフォンセックスでは相手の女性はあなたの命令どおりに体を触り。アナタが命令すれば、びしょびしょにぬれたアソコをいじる音すら聞かせてくれます。
それがテレフォンセックスの醍醐味ともいえるかもしれません。
テレフォンセックスでは相手の声しかわからないため、会って直接話すのとは違い、心理的ハードルが低くなっています。それにテレフォンセックスを望む女性のほとんどがMの女性。命令されると逆にぞくぞくとした快感をえることができるそうです。
なので、テレフォンセックスのコツとしては、相手の要望を聞きながらやさしく命令してあげること。
あくまで「やさしく」がポイントです。これも普通のセックスと同じなのですが、乱暴にされると相手の女性はいやがります。あなたが乱暴な口調で「アソコをいじれ」「胸を触れ」などといっても、相手の女性は「なんでこんな風に乱暴に命令されないといけないの!」と思って電話を切ってしまうことも。
あくまで相手とのやりとりは現実で会っている以上にやさしく、低めの声を出して安心感を与えるようにしましょう。
そうすれば相手は恥ずかしがることはあっても嫌がることなくアナタの命令を聞くはず。
そうなったら後はアナタが相手の女性にしたいことを命令すればいいだけ。
あなたが「やれ」といったことは相手の女性は喜んでやるでしょう。
なぜなら、アナタの命令を聞きながら自分の体を慰めることは彼女達にとって快感だから。
そして、アナタはそんな淫乱な彼女達の声を聞きながら、いい気分でオナニーをするだけ。
でも、AVを見たりするオナニーでは得られない快感と満足感をテレフォンセックスでは得ることができますよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ