テレフォンセックスで嫌われる会話とは

テレフォンセックスで嫌われる会話とは一体どのような会話なのでしょうか。
テレフォンセックスでは、女性よりも圧倒的に男性が嫌われてしまう割合が多いと言われていますので、女性目線で分析してみたいと思います。

電話に出た途端、1人でハアハアしている男性、又はいきなり女性に「オナニーしてみて」と言う男性。

これは自分勝手極まりないですね、嫌われて当然です。
電話が繋がったとたんにいきなり興奮している男性は何が目的なのか分からず、女性は気持ち良くなるどころか、気味が悪いと感じてしまいますので、1人エッチは電話が繋がってからにしましょう。

何処に住んでいるか、職業は何かをしつこく聞く男性。

これは、女性から情報を与えない限り詮索しないべきです。
いくら地域限定のツーショットダイヤルやチャットでも、男性とはテレフォンセックスの相性を見てから、初めて会いたいと思う訳ですから、焦りは禁物です。
そして、テレフォンセックスを密かに楽しみたい女性の気持ちを配慮して、職業も自ら聞いてはいけません。

自分がイッたらいきなり電話を切る男性。

これをする男性は非常に多いと言われています。
男性がオナニーのペース配分ができていないから、このような事が起こってしまうのではないでしょうか。
自分がイケばそれで良いと思っている男性の声は、ツーショットダイヤルを頻繁に利用している女性の記憶に残りますから、心当たりのある男性の場合、女性に気を使えそうになかったら、その時にはアダルトDVDにお世話になりましょう。

電話が繋がった途端、無言の男性。

これはよくあるケースですね、女性の様子をじっと黙って伺っているのでしょうか?先に女性に話かけず、声を聞いてからガチャ切りしたり、話かけても無視だと尚更とても気持ち悪いですね。
女性には男性側から、なるべく優しく「初めまして」と話かけてあげましょう。

このように、テレフォンセックスで嫌われる男性と言うのは自分勝手だと言うことが、良く分かるかと思います。
顔が見えない相手だからこそ、気遣いができなければ、直ぐに嫌われてしまいますので、以上の事に注意して、お互い気持ち良くなれるようなテレフォンセックスを目指してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ