テレフォンセックスで上手に相手を攻めるには?

テレフォンセックスは言葉と言葉のまぐわいです。
なので、テレフォンセックスではあなたの声が指や性器などの代わりをします。
女の子の特徴を見極めて、最大の武器である「声」を使って相手の女の子を快感に導いてあげましょう。
テレフォンセックス掲示板で知り合った場合でも同等ですよ☆

テレフォンセックスとは声を使ったSMプレイなのです。
快感に導く方法も、上手に女の子を誘導して、普段ではいえないようなことを言わせるのがポイントです。

エッチな言葉を言う女の子はあまりいません。
よっぽどお酒を飲んだりすれば別かもしれませんが、自分から挑発するような女の子は圧倒的に少ないはずです。
でも、熟女テレフォンセックスではお互いの顔が見えないから、普段でいえないようなスケベなことでも言うことができるのです。
それに人妻テレフォンセックスを利用しているのならテレクラの相手は一度きりのことがほとんどです。なので、普段ではいえないようなこともイってしまうのかもしれません。

普段言わないことの1つに胸のサイズや下着の色があります。
最初のうちはそういった比較的いいやすいところから責めるのが吉。
そして、少しずつ相手がなれてきたら次は「今までに印象に残ったエッチ」や「相手の女の子の性感帯」など踏み込んだことを聞いていきます。

なるべくなら、相手の女性が思い出して恥ずかしくなるようなことを言わせると、エッチなことを思いだすようなことを言わせるのがいいです。
そうすることによって女性が快感を思いだして、興奮してくれます。
女の子のほうから「そんなこといえない」といってきたら逆にチャンスです。

「そんなこといえない」は「もっと言わせて」と言っているのと同じです。
相手の女の子からどんどんエッチな言葉を引き出していって、いじめてあげましょう。
そうすることによって、テレフォンセックスでは相手の女の子のオナニーが普通のオナニーよりも気持ちよくなって激しい声を出してこちらを興奮させてくれます。

そうすると、男性のほうも気持ちよくなるので、それを聞いた女性がもっと興奮して気持ちよくなるというスパイラルに入るので、後はお互いに絶頂を迎えるだけでいいのです。テレフォンセックス初心者の人は女の子に恥ずかしいことを言わせるということを意識しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ