テレフォンセックスが上手くなりたいなら

風俗産業がこれだけある中でも、ツーショットダイヤルやテレクラは歴史も長く、幅広い世代から根強い支持を集めています。

近頃ではライブチャットも主流になりつつありますが、それでも顔が見えない相手との声だけのコミュニケーションはドキドキするものです。

特に、テレフォンセックスはその手軽さから24時間休みなく電話が必ず繋がるとあって、独自の賑わいを見せています。

まず、テレフォンセックスの良さとは、年齢、容姿、場所等は関係無く、誰とでも疑似セックスが容易に楽しめる所ではないでしょうか。

例えば顔に自信が無い男性がかわいらしい女性とコミュニケーションを図る事も可能ですし、おじさんと女子大生、主婦と大学生、熟女と既婚男性等、その組み合わせは無限大です。

しかし、これだけ組み合わせ自由なテレフォンセックスですから、会話がある程度魅力的でなければ、相手が誰であれ失敗してしまう確率も高くなります。

テレフォンセックスで特にトークのコツを掴まなければならないのは、リード側に回る事が多い男性かもしれません。

男性は女性に、比べると表現力に乏しい面がありますから、見たものや聞いたものをより臨場感溢れる魅力的な言葉を使い、女性をその気にさせてあげるのがテレフォンセックスの極意と言えます。

しかし、それはコツさえ掴めば簡単です。
例として、胸を愛撫しているシーンでしたら「おっぱいが大きいね、すごくやわらかいよ」と表現するだけでは、物足りないのです。

良い例として「指で転がしてるとだんだん乳首が固くなってきたよ、コリコリさせて気持ち良くなってきたのかな?舌の先でツンツンしたらもっと気持ち良くなってくれる?」等、エッチな言葉を使い、より具体的に実況してください。

舐めるシーンでは、実際に舐めているかのような音をだして、とにかくいやらしく責めましょう。

あまりしつこくしすぎると、女性も声を出すのに疲れてしまいますから、たまに会話を入れながら、どこが気持ち良くなるのか探りつつ攻めると感じてくれるのではないでしょうか。

挿入シーンでは、「ほら、入ったよ」と言うよりも「いい?いくよ、うううっ…きつい、ああっ…はあっっ ズブズブ奥までくわえこんでるよ」と、大袈裟な位でも女性は喜んでくれます。

どうしても良いか分からない場合はレディースコミックを読むのもオススメですから、色々と研究しながら、女性を感じさせてあげましょう。
テレフォンセックスは実に奥が深いものなのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ