エッチな女性に効果的な卑猥な言葉攻め

テレフォンセックスをする上で女性を上手に責めることは必要なことです。
女性はされている行為よりも、自分の妄想をかきたてる会話に弱いようで、テレフォンセックスをするときにもよりエッチな会話をされると喜ばれます。女性にとっては妄想をかき立てられる会話のほうが自分の気持ちを良くする刺激になるようです。男性のように性急な肉体だけの関係ではなく、自分が納得いくシチュエーションでプレイできるテレフォンセックスが好きという女性は少なくないようです。
なので、テレフォンセックスをするときに需要なことは女の子の妄想を上手にかきたてる言葉攻めをすることが重要なのです。
基本的にツーショットダイヤルやテレクラに電話をかけてくる女性はM気質な女性がほとんどです。なので、あえてハードな言葉でどんどん攻めるのが効果的です。
最初のうちは威圧的な態度だと嫌われますので、最初は雑談から始めることをオススメします。その会話の中でも「自分はSなんだよね~」と自分がSであることを打ち上げるといいですよ。所詮顔を合わせないテレフォンセックスです。なので普段の自分ではなかなかしないような積極的なプレイをするのもありです。
軽い雑談が終わって本番のプレイになったらガンガンハードなプレイをしましょう。
「こんなところに電話してくるなんて変態だ!」「もっといやらしい声で喘げ!」など普通のセックスをしているときではなかなかいえないようなこともテレフォンセックスなら許されるのです。
声でしか相手のことを感じることが出来ないテレフォンセックスはむしろオーバーな会話のほうが相手にストレートに伝わります。それに女性のほうもガンガンと責められるほうが好きなようです。
エッチな雰囲気になって本番のテレフォンセックスに入ったら女性に対して高圧的な態度で命令するように話すだけで相手の女性は自分勝手に気持ちよくなってくれます。女性のリアルな喘ぎ声を聞きたいのであればあえてハードなプレイをするのがいいですよ!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ