自分で気持ちよくする術を学ばせると満足度アップ

恋人同士は肉体関係を結ぶことで、お互いが気持ち良くなるツボを知っています。
でも、二人が気持ち良くなるのはそれぞれに刺激をしてもらって起こることです。
自分で気持ち良くするというスタイルを習得しなければ、一人Hは今までとは違った意識に繋がりません。

意識に革命を起こすことが、テレフォンセックスを利用するメリットではないでしょうか。
妄想が気持ち良さに変わり、相手と一緒に興奮を高めるという恍惚として気持ち良さを手に入れるには、自分で気持ち良くなるツボを押さえていることも重要です。
オナニーはしたことがないという女性もいるでしょうから、まずはどこを刺激すると興奮が高まるかを探ることから始まります。

女性が気持ち良くなるツボは個人によって違います。
中をかき回してほしいという願望を持っている人もいれば、優しくクリを刺激するだけでイってしまうという敏感な女性もいるでしょう。
男性も高速ピストンで気持ち良さを高めるというスタイルの人もいれば、ゆっくりと中に納まっていく感覚を味わうことで絶頂を迎えるという方もいるでしょう。
こうした気持ち良くなるためのツボを押さえておくと、テレフォンセックスは離れていても最高の体験ができるでしょう。

自分のツボを探し切れていないのであれば、恋人同士でテレフォンセックスを行いながら、敏感に反応する攻め方を探りましょう。
女性を気持ち良くするという意識でエスコートしてあげると、恥ずかしさの先にある快楽が体験できるようになります。

テレフォンセックスは言葉の刺激を行うだけで、行動するのは自分自身です。
自分で気持ち良くなる術を学んでおくことで、テンションをアップさせるギアチェンジが容易になります。
気持ち良いと思わせるようなお互いのツボは、何度となく会話を重ねていくと、やがては的確なポイントが見えてきます。
そこまでは腰を据えてテレフォンセックスを行うと、最高の時間がいつでも手に入れられます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ