受け身でテレフォンセックスを利用する時のコツ

自分が攻めるのではなく、相手からの辱めを聞いて悶えるというのが、受けが主体のテレフォンセックスです。
そのコツとしては、恥ずかしがらずに自分の感じたそのままの声を相手に届けることではないでしょうか。

相手にとってはリアクションが気になるはず。
自分が投げかけた言葉でどのような刺激が与えられているかが気になります。
ですから、声を我慢することなく、正直な反応を受話器越しに聞かせることで、テレフォンセックスがさらに興奮するものへと成長します。

テレフォンセックスはペースを握る役割を男女で相談します。
もしも女性に攻めてもらうのであれば、相手の言葉に耳を傾けて、指示されたとおりに動くという拘束プレイもおすすめです。
制限がある環境は意外と燃えるものです。
その魅力を知っている人は、テレフォンセックスで受けにまわりたいという男女が少なくありません。

どちらも受けのタイプだと、会話が進展せずに沈黙が続きます。
間が嫌に感じないほど円滑に進められるテレフォンセックスであれば、相手のレベルの高さが波及して、どんどん体が反応していくでしょう。

受け身でテレフォンセックスを行う場合には、とことん自分のツボを攻めてもらうように心がけましょう。
相手からの愛撫を聞きながら、いやらしい妄想が膨らませられるようになると、思った以上に興奮する時間が与えられます。
体に及んだ反応を見ていくことで、こんなにも敏感に反応しているのかと驚くかもしれませんが、潜在的なエロを刺激しただけに過ぎません。
そこで、妄想というスパイスを取り入れながら、最高の時間をパートナーとコーディネートすると、受け身好きな方でも大人の付き合いが楽しめます。

男性は攻めなければならないという制約はありませんから、テレフォンセックスサイトの特徴を意識して、お互いに気持ち良くなれるテレフォンセックスを実践してください。
そこから始まる新たな展開こそ、距離を感じさせない楽しみが待っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ