実際にやるセックスよりも感じるからテレフォンセックスが好きです。

私がテレフォンセックスを好きな理由は、実際にやるセックスよりも感じるからです。
それは、テレフォンセックスが想像するセックスだからだと思います。

私は妄想するのが大好きです。
寝る前は、現実にはあり得ない事を妄想しながら眠りに入るとよく眠れます。
現実にはあり得ない事とは、大金持ちになる夢からエッチな妄想まで色々です。

寝る前に色んな妄想をするから、妄想癖がテレフォンセックスに役立ってるんだと思います。

私は実際にセックスするのも好きですが、実際にセックスするとなると嫌な事もあります。
それは、必ずしも私が好きな部位を触わられたり、好きな指の動き方ではないと言う事です。
私が感じるのは、乳首とクリトリスです。

しかし、私が経験した男性はあまり乳首やクリトリスを念入りに触ってくれません。
男性には乳首が性感帯じゃない人もいますし、女性のようにクリトリスがないから女性の触って欲しいという気持ちが理解できないのはしょうがないです。

しかし、テレフォンセックスならば好きな時に感じるポイントを触れます。
しかも好きな指の動きで触れるのがいいです。男性に「今、どこを触ってるの?」と聞かれたら「乳首を指でクリクリ触ってるの。すごく感じるの。」と自分が好きな所を触れます。

それに、テレフォンセックスをしながら「ねぇ、興奮してきたからクリトリスも触っていい?」と自分から好きなポイントを触れます。
大抵はそうやって聞くと「いいよ。」と答えてくれます。

また、たまに男性から「まだ触っちゃダメだよ。」と変化球が飛んでくるのも快感です。
「いいよ。」と言われたら電話越しにはちゃんと男性がいるため、男性にクリトリスを触ってもらえるような想像ができます。
男性が目の前にいないのに、股を開くのも快感です。

普通のセックスでも股を開くのは恥ずかしいんですが、テレフォンセックスだと余計に恥ずかしくなります。
それもテレフォンセックスが好きな理由です。

私が好きな部位を好きなように触れますし、想像しながらセックスができるのがテレフォンセックスにハマる理由です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ