攻守を交代して楽しむテレフォンセックスのやり取り

テレフォンセックスを楽しむためには、お互いが気持ち良いと感じられるタイミングが必要です。
どちらか一方が気持ち良くなっていても、相手の気持ちが冷めてしまっては意味がありません。

つまり、攻守交代をしつつ、お互いを求め合うようにしながら時間を過ごす配慮が必要になるのです。

ただし、受け・攻めがはっきり分かれているようなパートナーであれば、その限りではありません。
相手が絶頂を迎えるまで攻めまくるという手法でも、自分自身が興奮すれば満足できるでしょう。

自分が受けに回るのであれば、相手に辱めてもらえる時間が至福の時となります。

一般的なテレフォンセックスは、攻守の概念が無いという場合もあるので、どちらかが自然にペースを握るという展開になります。
その時に、自分ばかりが行動の指示を出すのではなく、相手におねだりをすることで、自分が気持ち良くなれるタイミングを手に入れることができるようになります。

相手も気持ち良いポイントを押さえるきっかけになるので、密かに攻守が逆転するようなシチュエーションが待っているかもしれません。

どのように話が展開するかは2人の気分次第です。相手を気持ち良くさせたいという思いが、自分の快楽に勝るようになれば、自然と相手を刺激する言葉かけができるようになります。
そのキャッチボールがうまくできるようになると、テレフォンセックスでお互いが一緒に昇天するというタイミングも生み出すことができるのです。

どんどん興奮が止まらないという時間を演出すると、テレフォンセックスにハマる日常が訪れます。
攻守を交代して相性を確かめることも良いでしょうから、まずは何事もチャレンジしてみるのがおすすめです。

お互いにツボを知らない関係でテレフォンセックスを行うわけですから、手探りになるのは仕方がありません。
でも、「ここだ!」という感触が出る瞬間に出会ってしまうと、テレフォンセックスが楽しくなるのは確実でしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ