テレフォンセックスの言葉の大切さ

通常のセックスであったとしても、お互いに無言でセックスしていると味気なく感じてしまうものです。

テレフォンセックスはお互いに声を使ってセックスをするので、絶対に会話を続けなければならいため、初心者の人にとっては難しいかもしれません。

もちろんテレフォンセックスでは「言葉」は大切ですが、あまり意識しすぎるのも返ってよくないのです。
テレフォンセックスをする場合、多くの人がツーショットダイヤルなどで相手を探します。

なので多くの場合ははじめて話す相手が多いのです。
はじめて話す相手とどのように会話を盛り上げたらよいのか。
また、どんな風にテレフォンセックスをしてよいのかというのは、テレフォンセックスが長い人でも悩んでしまうポイントです。

できれば世間話をしながら、相手がどんなタイプかを見分けることができるのが一番ですが、これはカンタンにはできません。
テレフォンセックスで注意すべきポイントの1つは「自分から話過ぎない」ということです。

初対面の人間と話すからといってマシンガンのようにイロイロと話すよりは、じっくりと相手の話を聞いた方が相手からの好感度は高くなります。
これはテレフォンセックス中でも同様に「いろいろ言われるとテレフォンセックスに集中できない!」と思われてしまうので程よい言葉の量を考えましょう。
しかし、だからとイって全くしゃべらないというのは完全にNGです。

少なくともテレフォンセックスをする上で、会話が続かない方は嫌われる傾向があります。
初対面の人と話すのが苦手でも、相槌ぐらいは打ってあげないと電話を切られてしまいますよ!
テレフォンセックスで話すときにはコミュニケーションの一種と考えながら話すのがベストです。

自分と相手の状況がまったくわからないテレフォンセックスだからこそ「今どんな風になっているのか?」「相手の身体をこんな風にしたい」という気持ちを伝えるために言葉を使うことが重要です。
まずはそういったコミュニケーションが出来るようになってから、言葉責めなどに進みましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ