テレフォンセックスに持ち込むために

テレフォンセックスをはじめてするという場合はどんな風にそういう雰囲気に持ち込んでいいのかわからない人がほとんどだと思います。
テレフォンセックスをするときに電話がつながってすぐにエッチな話題に持ち込んだり、いきなりハードなことを言ったりするのはNGです。
女性は男性と違い自分からテレクラに電話しているといってもすぐにエッチな気分にはなりません。
ゆっくりと相手の雰囲気に合わせて少しずつテレエッチの雰囲気に持っていきましょう。
最初のうちの会話もまずは雑談からはじめて余裕があるように見せましょう。
基本的に女性はがっつく男性のことがあまり好きではありません。
特にツーショットダイヤルのようにいつでも相手を変えられるような場合はちょっとした失言がその場でテレフォンセックス終了になってしまうこともあります。
テレフォンセックスで相手の顔も自分の顔も分からないことをいいことに乱暴な口調で話したり、偉そうに話したりせず。
むしろお互いに顔が見えないからこそ雑談などの導入部分はやさしく気を使って会話をすることをおすすめします。
そういう前フリが面倒な方はテレフォンセックス掲示板を利用することで簡単にパートナーを見つけられます。
それから後お互いに盛り上がってきてエッチな雰囲気に突入したら少しずつハードな会話に移行していきましょう。
お互いに打ち解けたら相手に対してエッチな質問を投げかけるのがベストです。
たとえば今はいている下着の色とかどんなセックスが好きかどうかなど質問していくといいでしょう。
特に人妻テレフォンセックスでは重要な部分です。
そして、相手の女性の声色が変わったらそこからが本番です。
そういったエッチな雰囲気になってしまえばガマンしていた分ハードにせめても電話を切られることはないでしょう。
むしろ、激しいぐらいにヘンタイな言葉で相手の女性を責めてあげたほうが喜ばれます。
罵倒をしたり、命令をしたり。この場面ではいかに相手の女性に実際にセックスしているかのような錯覚を与えることが重要です。
最後にセックスが終わった後には必ずピロートークを行いましょう。
甘いトークで相手のことをメロメロに出来ればそこから実際に会うまで持っていくことも出来ます。
テレフォンセックスの先に行きたいのであれば最後まで気を抜かないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ