テレクラ、出会い系サイト、ツーショットダイヤルの違いは?

テレフォンセックスを楽しむために利用する媒体は3つあります。
テレクラ、出会い系サイト、ツーショットダイヤルの3つです。
どの方法も、知らない異性と出会ってテレフォンセックスを楽しんだり、実際に出会ってセックスをする事ができます。
どれも同じようにテレフォンセックスについての媒体ですが、3つには少しずつ違いがあります。

まずテレクラですが、1985年に始まりました。
男性がテレクラを運営する店に入ります。
入店すると電話やティッシュなどが置かれており、女性と電話してテレフォンセックスを楽しみます。
女性は携帯電話や公衆電話から話をしていて、男性と会う約束もできます。

一時期はテレクラが流行りましたが、最近は絶滅の危機にあります。
というのも、1995年以降から法律が整備され始め、テレクラに規制がかかったからです。
85年~95年にサラリーマンだった世の男性には懐かしい思い出が多いのがテレクラでしょう。
今でもテレクラは存在し、テレフォンセックスを楽しむ事はできます。

次に出会い系サイトですが、こちらはインターネットが普及し始めてから爆発的に利用者の数を伸ばしました。
テレクラのようにお店に行かなくても、家で異性とテレフォンセックスができます。
それに電話だけじゃなく、メールセックスをしたり恥ずかしい写真を見せあったりできます。
さらにテレビ電話の普及により、画像を通じてテレフォンセックスができるようになりました。
若者ならば利用している人は多いです。

ツーショットダイヤルは、テレクラと出会い系サイトの中間くらいの媒体です。
店に行かなくても異性と知り合う事はできます。
しかしメールやテレビ電話の機能はなく、声だけでセックスします。
そのため、携帯電話でも固定電話でも利用できます。

テレクラが衰退し、ツーショットダイヤルもテレクラも一緒の意味で使われる事が多いです。
どの方法も異性と知り合う事ができるため、あなたにはぴったりな方法を見つけてみてはどうでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ